tokeikatirori9.jpg


1.まずは高級時計買取専門業者へ持っていこう!

最近は「高級品買い取ります」というリサイクルショップも多く存在しています。
しかし、普通のリサイクルショップでは、高級時計を買おうというニーズがあまりないので、そういったところに持ち込んで査定してもらっても、驚くほどの買い取り価格が提示されるだけです。

あるいは、ブランドのバッグなどを扱う質屋などでも、高級時計も買い取り対象になりますが、一般のリサイクルショップよりは高値でも、時計買い取り専門業者よりは価値が下がってしまいます。やはり、「餅は餅屋」で、高級腕時計であれば、時計買い取り専門店での査定が一番納得のいく価格をはじき出してくれるでしょう。

中古であっても、高級時計のマーケットはそういった時計買い取り専門店が一番広く扱っているからです。査定額も5万から10万以上も差があるなんて話も聞きます。

筆者の友人がカルティエの時計を買取りに出そうか迷っているという写真をFlickrにアップしていました。
⇒ 矢竹の時計買取り写真

高級腕時計ですが、細かいキズがたくさん・・・。どれくらいの評価をしてもらえるものなのでしょうか?
せっかく買い取ってもらうのであれば、やはり1円でも多く価値を見出してもらいたいですよね。


2.あなたの腕時計の本当の相場を知っていますか?

いくら高級腕時計であっても、その時代によっては、価値の変動があるのは事実です。

数年前までは何十万の価値があったとしても、今では値が下がっているなんてことも、中古マーケットではありがちです。もちろん、中古であっても価値の下がらないものもありますから、査定をしてもらう前に、自分の売りたい時計の買い取り価格の相場は調べておくべきでしょう。

時計買取の業者によって価格はかなり違うので事前によく調べておくと良いです。

そうすれば、実際買取価格査定に出した時、どの業者が一番適正に、あるいは高く買い取ってくれるかはその場で把握することができますし、足元を見られて、「このモデルは今人気が下がっているから」と低価格で買い取られてしまうという詐欺被害にもあうことはありません。ただ、買い取り業者のマーケットの大きさも価格に跳ね返ってくるのも確かなので、売りたい時計の売買の動きが大きい方が、相場より高値をつけてもらいやすいようです。

いずれにしても、実店舗以外でもネットの買い取り価格も把握したうえで、愛用品に一番の価値をつけて次の人に使ってもらえるような店舗とご縁をいただけるようにしたいですね。


3.できるだけ都市部の実店舗を選ぼう!

時計買い取り業者は、ネットも含め現在多く存在していますが、やはり店舗数の多さは地方店舗より都市部の方が勝っています。

同業者が多いと言うことは、それだけ価格競争が激しいと言うことが言えるので、買い取り価格も高めに設定してくれることが多いようです。都市部には人口も多い分、「こういった中古はないのか?」「古い○○モデルの時計は入りそうですか?」といった様々なニーズが日々あるため、商品の回転も良く、高価買取をしてもリスクを負うことが少ないといった利点があります。




4.時計買取価格の相場はどうやって決まるのか?

例えば、今人気の古本ショップをのぞいてみたときに、ベストセラー小説が中古で並んでいることがありますよね。同じ本がずらりと並んでいるにも関わらず、販売価格に差があるときがあります。

あれは、在庫の状況やコンディションによって変わるようです。時計の買い取り価格なども、同じように在庫の状況やコンディションで変わってくるのです。

前回査定してもらった時は○○円だったのに、今回は▲▲円だった!なんて話もよくあることです。何年モデルでこれぐらいのコンディションまでならいくらというベースの買い取り価格はあるものの、買い取り業者の販売網によって相場が変わってくることは当然のことのようです。




5.実質的な買取価格の相場はないの?

高級時計の買い取り価格に、一般的な相場は存在しないのでしょうか?業者の販売網や在庫数やコンディションを考えずに、ベースとなる販売価格は存在します。一般的には、誰もが知っている高級腕時計の中古での販売価格は、新品時の低下の5割から7割程度であると言われます。

それを踏まえて、買い取り価格となると、その販売価格のおよそ5~6割程度になってきます。中には不動の人気を誇るロレックスなどは、人気モデルになると販売価格も高めで世紀の値段の7~8割になることもあるようです。

ただし、これはコンディションが最高で箱や説明書や鑑定書などすべて一式揃っている場合の相場であるため、一般にはもう少し低めに考えていたほうがいいでしょう。


6.見た目は重要!

高級時計を買い取ってもらう場合、業者側が「見るポイント」はどんなところでしょう?高級なものだけに、一番は「本物」であるかどうかです。

それ以外にも見えないところに破損がないか、使用しているうちに出した修理品もオリジナルな部品を使っているかどうかなど、かなり細かいチェックが入ります。買い取り業者も、しっかりとした良いものなら、出来るだけ高い値段で商品として出したいですよね。

そういったチェックが厳しい分、予想以上に高値で買い取ってもらえれば、お互いがよい利益になります。売る側が丁寧に扱っていて、ほぼ無傷な状態であっても最悪買い取ってもらえないと言う場合もあります。

それは、ところどころに正規品を使用していないような半端なまがい物である場合です。すべてが「本物」であれば、ある程度コンディションが悪くても、修復可能であれば当然買取はしてもらえますが、修理費やメンテ費用は査定額から引かれるのが一般的です。




7.付属品も忘れずに!

ゲームソフトやゲーム機本体などの買い取りも、付属品や箱など購入した状態をそのまま再現できる状態で査定すると買取価格は大幅に上がります。高級時計なども同じで、中古品と言えども付属するもの一式揃ってこその価値があると考えられています。

ただし、付属品も汚れや欠損などがある場合は、一気に価値が下がってしまうので注意が必要です。時計本体だけでなく、購入時と同じ状態を保てるよう付属品も大切に扱っておきましょう。

あなたの時計には希少価値や付加価値はある?限定モデルや、その年にしか販売しないモデルなど、高級時計でも一般と違った付加価値のついたモデルである場合、それを証明する証書などをつけるだけで、その価値ごと査定額にアップしてくれる業者もあります。その価値をしっかり見出してもらうためには、やはり時計に関して造詣の深い業者を選ぶことも大切なポイントでしょう。

付加価値のついた時計を販売するオリジナルな販売網を持っていることが多いので、せっかくの価値が活かされる業者選びをしましょう。


8.付属品は一式時計本体につけよう

長く愛用している腕時計であれば、当然保証期間が切れていますよね。

でも、その場合でも、時計が正規品である証になりますから、必ずつけておきましょう。業者の中には保証書のないものに関しては、正規品と認められないという場合もあります。

使用者が修理のためのものと思っている保証書でも、買い取り業者にとっては、その「時計の本物の証」であるため、本体とは一心同体の扱いをする必要があります。それ以外にも、時計のベルトの駒などは、ずっと使用しないことが多いので、付属品としての価値があるのか?と思われがちですが、意外にも査定額に大きく響くものなので、とにかく、購入時と同じ状態で買取業者に持っていくということをしっかり頭に入れておいた方がいいでしょう。